2010年01月10日

悩みと成長と。

最近、同じ会社ではないのですが、入社1年目の若い子から仕事上で相談を受けてます。
その子は、俺から見たらかなり羨ましいほどの才能を持っている。
文系出身だけど、プログラマなんて、SEなんて、理系とか文系とか関係なく、
考え方の問題だと思ってる俺からみると、非常に豊かな才能。
しかも、才能を伸ばすのに、最適な性格。
そんな逸材を前にして、本当は自分の手元にいてくれたらと思いつつも、
自社ではないので、そんな才能開花に、少しでも役に立てればなと思って、
相談にのりたくなっちゃうわけですが・・
自分でもおせっかいだなと思ってしまう。

他にも相談に来てくれる人はいるんだけど、
みんな才能豊か。俺には羨ましくて仕方ない。
ここまで、仕事は修羅場くぐって、上司と喧嘩しまくって、
同僚に助けられて仕事してきた俺には、才能はなく、
みんなから授けてもらってきただけ。
そんなみんなへの恩返しとして、数年前から
相談にきてくれた人に対して200%で一緒に悩めるよう努力
するのが、最近の俺の信条になりました。
#まだ、背いてないはず・・

そんなわけでいろいろ過去を掘り返し、
頭と心の引き出しをあけまくるのですが、その時に考える。

「もし、自分が入社一年目ののコロに、それだけの才能があったら、どうなっていただろうか。」
「あんな修羅場とか、何かとか・・いろいろ経験することはなかったのだろうか」

といいつつも、考えても、すぐ打ち消してしまう。
そんな才能のない俺に、これまで関わってくれた人たち、経験、家族がいるから、
今の自分があるのであって、才能があったら、今はない。
今の自分がなければ、きっと、相談に来てくれる人もいなくて、
役に立つことすらできないかもしれない。
と・・考えちゃって、終了。

悩まなければ成長はないだろうし、成長するには悩まないといけない。
俺は、才能がなくても悩んで、周りに相談して、成長してきたのだと思う。
これまで周りの人達に信頼されるだけの能力を見につけることができたのだと思う。
なんとも面倒な話だけど、真理だと思う。
成長に対しては、自分の悩みも相談に来てくれる人の悩みも、糧になると思う。

だから、これからも、相手の成長を期待しながらも、自分もともに成長したいと思うので、
なんでも相談にきてくれたらいいなと・・・
いや、これまで相談に来てくれたひとのためにも、これからも相談にきてもらえるように
精進しなきゃなと、考えた2010年の一発目の自己振り返りでした。


posted by Be at 03:29 | ☀ | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誤解されてたみたいだが・・特に(エムエ)さん。
最近は入社1年目の若い子には嫌われたようで、
話もしてません。

んー・・・何か悪いことしたかなぁ・・。
と、心当たりがないとかいうのも、ダメなんだろうな。
というわけで、別の人にいろいろ教えていたりします。
Posted by Be at 2010年05月10日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。