2014年06月05日

「開発者」とは?「技術者とは?」

最近、PostgreSQLの勉強をしはじめた。
OracleはRBOだったけど、長いこと付き合ったのもあり、それなりにDBMSに対する理解は深めたものの、
やはり、アーキテクチャが違えば、当然いろいろ覚えないといけなくて、
ついついOracleの常識で話して、PostgreSQLの常識と合わなくて驚いてみたり。
とはいえ、初めて触るわけでもなく、個人的にちょこちょこと情報は追ってたりしたので、
ハードルは高く感じないので、これ幸いと、「PostgreSQL全機能バイブル」っていう本を買ってみた。

そんな書籍探しを通して、10年前はPostgreSQLの書籍や色々なOSSの解説とかのマニアックな書籍が
たくさんあったのに、今はほとんどないことに驚いた。
長いこと書籍探しなんてしてなかったので・・。
10年前には、ピアソンのマニアックなJavaの書籍とか、Unixスーパーテキストとか、
「誰がそんなの読むんだよ」と言わんばかりの書籍がドヤ顔で並んでた本棚を眺めて
機械翻訳の書籍を手に取って育ってきた自分には驚きです。
逆に、JenkinsやSpringとかJUnitといった開発ツール側の書籍が増えていることにも驚き。
OSSの種類もサーバーソフトウェアからフレームワークやツール等々様々な分野のものが出てきたのも
あり、多様化してきたなーとは思っていたけど、需要がかわってんすかね。
続きを読む
posted by Be at 01:07 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする